【東京都内】Ruby on Railsが得意なシステム開発会社7選

「WEBで新規事業を立ち上げたいけど、開発会社っていっぱいありすぎてどうやって選んだらいいか分からない」

「システム開発って失敗しやすいって聞くから不安。どういうところに相談すると失敗しないのかな?」

システム開発の依頼先を探すとき、こんな風に感じたことはないでしょうか?この記事はそんな方向けに書いております。

はじめまして、mofmofの経営企画・武井です。過去数十件にのぼる新規事業のシステム開発経験をもとに、mofmofならではの観点で開発会社をご紹介していきたいと思います。

新規事業とRuby on Rails

新規事業のシステム開発において非常に重要なポイントはズバリ「スピード」です。

「早くユーザーに使ってもらいたいのに、一向にシステムが出来上がらない…」なんてことが起こってしまうと、ビジネスチャンスはどんどん遠ざかってしまいます。だからこそできるだけ失敗しないパートナーを選びたいですよね。

スピードを早めるには、開発速度の高い技術を選択することが重要です。なので新規事業の開発において事例の多いRuby on Railsをおすすめしています。Ruby on RailsはRubyというプログラミング言語を使用してWebアプリケーションを構築するフレームワークです。

Railsの特徴として、あらゆる開発者がWebアプリケーションの開発を始めるうえで必要となる作業やリソースを事前に仮定し、準備されています。そうすることで新規に書くコードを最小化し、非常に効率よく開発を進めていけるよう設計されているんです。世界的にも人気なRailsは、現在日本でも中小・大手問わず、数多くの企業が採用しています。開発着手から実際に動かすまでの工数が圧倒的に少なくて済むので、特にゼロから立ち上げる新規事業でのシステム開発によく用いられています。

https://rubyonrails.org/

新規事業とアジャイル開発

「作りながら考えていく柔軟な開発スタイルがいいけど、システム開発会社は対応してくれるかな?」 という不安もあるのではないでしょうか。

新規事業のシステム開発の特徴として「作るものが常に変化していく」というものがあります。従来型のシステム開発の手法をとっている開発会社でのこのようなスタイルの開発の経験が乏しく、得意ではないことが多いです。そういった開発会社をパートナーとして選択してしまうと、結果的にバグだらけで使い物にならないシステムが出来上がってしまったり、いつまでたってもリリースできない事態に陥り、 「ちゃんとやっているつもりなのに、なんでこんなにうまくいかないんだ…」 というケースを何度も目にしてきました。

こういった柔軟な開発を実現するには「アジャイル開発」の経験が大きく左右します。アジャイルは「素早い」「機敏」という意味で、短い期間で設計・開発・テストを繰り返し反復的に実行していくスタイルです。ビジネスの形に合わせてシステムの形を柔軟に変更してくことが得意で、新規事業のシステム開発においては必須の概念です。

反面、アジャイル開発は形式をなぞるのでは上手く行かないケースが多く 「アジャイル開発出来ます!って言ってたのに全然柔軟にできないじゃないか!」 なんて例もしばしば発生しています。アジャイルな考え方や開発経験が豊富な開発会社を選ぶことをおすすめします。

今回は、そんなRuby on Railsを使ったシステム開発とアジャイル開発が得意な会社をご紹介していきます!

1. スタートアップテクノロジー

スタートアップテクノロジー

https://startup-technology.com

スタートアップテクノロジーは、2014年に設立された東京都渋谷区のシステム開発会社です。Ruby on Railsによるシステム開発やサービス開発を手がける開発部、WebアプリケーションのUI/UXデザインを得意とするデザイン部からなっています。

新規事業に強い受託開発を行っているので、初期の開発費用を抑えて、開発と運用を進めることができます。新規サービス開発やサービス改善、コンサルティングを求めている企業におすすめです!

また、UI/UXデザインからフロントエンド開発までをサポートするサービスプランもあります。デザイナーを抱えているスタートアップテクノロジーならではですね。

代表の菊本氏は自身もエンジニアであり、スタートアップ企業のCTOを務めてきた経歴も持っているため、ただ作るだけではなくスタートアップにおける事業戦略を含めて広範囲をカバー出来るところが強みです。

2. mofmof

mofmof

https://www.mof-mof.co.jp

mofmofは、2015年に設立された東京都渋谷区のシステム開発会社です。

月額制の開発チームレンタルを行っており、アジャイル開発という短いサイクルで開発とフィードバックを繰り返す方式をとっていることで、開発途中でも仕様変更を可能としています。

上記のような開発方針のため、顧客が本当に求めているものに限りなく近いものを提供することができます。会社の性質的に、新規立ち上げなどの最初に仕様を決めることが難しい案件や、長期的にユーザー反応を見ながら開発を繰り返す必要がある案件にぴったりです!

代表の原田は、現役のエンジニアでもあり、AIチャットボットサービスやAR/VRなど、事業開発とテクノロジーを強みとして数々の新規事業立ち上げを実現しています。またアジャイルひよこクラブというアジャイル開発のコミュニティの代表として立ち上げ、アジャイル開発を推進してきた経歴があり、プロダクトを作るのではなく、価値の実現にフォーカスした正しいものづくり・うまくいく開発手法を得意としています。

3. 万葉

万葉

https://everyleaf.com

万葉は、2007年に設立された東京都千代田区のシステム開発会社です。

Railsを使ったwebアプリケーションやツールの開発、既存ソフトウェアのRuby、Railsのバージョンアップなどを手がけています。

事前に見積もりを出して納品物によって請求を行う受託開発と、開発を行った作業時間に対して請求を行う開発支援の両方に対応しており、企業が求めているものに合ったサービスを選んで依頼をすることができます!

また万葉はエンジニアの育成にも力を入れており、ペアやチーム単位で振り返りや学習の場を作ることで、技術力の底上げをはかっています。

代表の大場氏は、Rubyアソシエーションの評議員の一人で、Rubyをテーマにした著書もあります。組織としてもRubyでのシステム開発を得意としており、高い技術力が期待できます。また新人研修用の課題をGitHubで公開されていることも有名です。

4. スマートアルゴリズム

スマートアルゴリズム

https://smartalgorithm.co.jp

スマートアルゴリズムは、2015年に設立された東京都新宿区のシステム開発会社です。

「ソフトウェアに関することはすべて情報科学という分野の上で成り立っている」という考え方のもと、それらをベースにアルゴリズムを考察・実装する「アルゴリズムエンジニア」を提唱しています。 また、Webシステム開発の他に、「レンタルCTO」というちょっと変わったサービスも提供しています。「経営層に技術がわかる人材がいない」という悩みを持つ会社様は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

代表の齋藤氏は、腕の立つエンジニアとして知られており、新しい技術の採用やキャッチアップに余念がなく、技術力の高い組織であることがうかがえます。

5. しくみ製作所

しくみ製作所

https://sikmi.com

しくみ製作所は、2014年に設立された札幌のWeb・アプリ開発会社です。

本社所在地は代表のいる札幌ですが、完全リモートワークで働いている会社であり、全国各地に従業員がいます。もちろんお仕事依頼もどこからでもOK です。アプリ開発を得意としており、大手企業を含め数多くの取引実績があります。また「作って終わり」ではなく、稼働後の定量調査やUI/UX 改善など、継続的なサービスを提供している会社です。

フルリモートの経験が長く、リモートにおけるプロジェクト進行のノウハウもあり、また全国の優秀なエンジニアを採用出来るという強みをいかしたレベルの高い組織を実現しています。

6. ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ

BPS

https://www.bpsinc.jp

BPSは、2007年に設立された東京都新宿区のシステム開発会社です。

Ruby on Rails開発でこれまで100件以上の開発を行っており、確かな実績がある会社と言えます。取引先に教育機関が多いことも特徴です。1案件につき1〜3名程度の少人数開発にすることで、作業以外の時間を極力減らし、スピーディーな開発が行えるようにしています。

7. ラグザイア

ラグザイア

https://www.luxiar.com

ラグザイアは、2004年に設立された東京都町田市のシステム開発会社です。

ラグザイアの特徴としてスピーディな開発体制があり、最短1ヶ月で動作するアプリケーションを提供します。また、進捗管理をクラウド上で行い開発環境ラグザイア側で提供することで、開発費用を低減し、リーズナブルな値段でのサービス提供を可能としています。開発実績はソーシャルゲームや建築業向け基幹システム、顧客管理システムなど、幅広い分野で実績を持っている会社です。

まとめ

いかがだったでしょうか。「いいな!」と思う会社はありましたか?

せっかくの開発案件が失敗にならないよう、相場や開発期間、どのような開発形式が向いているのかなど、しっかりと検討することが大切です。また、ほとんどの会社は開発相談を無料で行っているので、悩んだ時は気になっている会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。

以上、Railsが得意なシステム開発会社7選でした!