株式会社ジーエルシー 金子 裕輔さま

エンジニア主導で、開発プロジェクトにスピード感を

クライアントインタビュー

株式会社ジーエルシーは、AIなどの先端技術でコンタクトセンター業界向けのデジタル化ソリューションを提供するテックベンチャーです。mofmofは、同社コールセンターでの架電業務の完全自動化技術の開発、音声認識サービスの開発を受託、担当しました。今回のインタビューでは、取締役副社長の金子様に、mofmofの月額制受託開発を選んだ理由や効果・今後期待することなどを伺いました。

新サービスの開発に、mofmofの開発チームレンタルを選んだきっかけ(決め手)を教えてください。

私がこの会社に来たのが2017年の春頃だったのですが、もともと改善余地が多分にあると目をつけていた業務領域の労働生産性を抜本的に見直すためのソリューションのひとつとして、コールセンター向けの架電業務自動化サービスを、秋のコールセンターカンファレンスイベントで打ち出すことにしました。やろうと決めた時点で、秋のイベントまで残された期間は2ヶ月ほど。優秀なエンジニア陣とのチーム組成が急務でした。ちょうどその頃知り合いのエンジニアの方にmofmofを紹介頂き、原田社長にお会いしたのがきっかけです。

最初のお打ち合わせで、原田社長の採用に関する考え方に私と共通するところが多く、ビジネスパートナーとして一緒にやっていけるのでないかと感じることができ、その後実際に紹介されたエンジニアの方の業務システム構築経験や実績を見て、こちらのやろうとしていることとマッチしていたので、本プロジェクトにジョインしていただくことに決めました。

こちらとしては金額も大事ですが、それ以上に「確実にできる人」が欲しいと考えていましたので、こちらのニーズにも合致しました。

結果として、開発スケジュールよりも早い納品や、カンファレンスイベントでのデモンストレーションも問題なく行えたので、期待通りでした。

mofmof開発チームレンタルを導入して、どのような効果を感じられましたか?現場の課題解決にお役に立ったことなどがあれば、お聞かせください。

今回mofmofから開発に加わったエンジニアの方は、とにかくプロアクティブ。開発チームメンバーの1人、という枠を超えて、チームのコミュニケーションやTODO管理、会議でのファシリテーションなどプロジェクト管理的な部分まで推進してくれたことはとても助かりました。

また今回はコールセンター架電自動化サービスの他にも、音声認識サービスの一部機能開発もお願いしたのですが、これは今までにない新しい分野の開発だったので、弊社のエンジニアも、他の開発会社のメンバーももやったことのない領域で戸惑うことも多く、エラーが起こっても原因がわからないという事態が複数回起こりました。そんな時、mofmofのエンジニアが現場に何回も足を運んでくれ、フットワーク軽く彼らとコミュニケーションをとって課題解決をしてくれたことも助かりました。

これからのmofmofのサービスに期待することがあれば、ぜひお聞かせください。

今後サービスは販売・営業拡大のフェーズに入ってきますので、販売先のお客様ごとに異なるカスタマイズやメンテナンス、納品スケジュールを丁寧に管理していく必要が出てきます。また、新サービスを短期間で立ち上げることは継続していきます。

新規開発担当、追加開発カスタマイズ担当、サーバー保守と増員が必要になってくるので、質の高いエンジニアの方を引き続きご紹介いただきたいと思っています。

金子様、お忙しい中でインタビューにお答えいただき、ありがとうございました!




CLIENT PROFILE クライアントプロフィール