SERVICE 開発チームレンタル

top_image

外注じゃない、
一緒に作るあなたの開発チーム
開発チームレンタル

月額制「開発チームレンタル」は、従来のように一度に全てを決めて開発するのではなく、実際に動くプロダクトを小さく・早く作り、仕様変更を繰り返していくことで、次々に生まれる「こうしたい」を一緒に形にしていく開発サービスです。

FEATURE 月額制開発チームレンタルの特徴

speed

"定義よりも対話・合意を大切にする"

visible

"繰り返し検証のサイクルを回し続ける"

team

"小さく・素早く開発し、継続的に育てる"

DIFFERENCE 従来の受託開発と
月額制開発チームレンタルの違い

GENERAL
MOFMOF

!
違い

DIFFERENCE

従来の受託開発 GENERAL
DEVELOPMENT

  • 柔軟に仕様変更しづらく、仕様変更をする必要がある際、都度再設計・再見積もりが必要になるため、交渉分コストが余計にかかる
  • 後から仕様がブレた際には、修正工数を含むと、当初予定していた費用の2~3倍くらいになってしまう
  • ○既存プロダクト完全リプレース
    ○ライフサイクルが短いもの
    (キャンペーンサイトのように1〜2ヶ月くらいの短期間でクローズするものなど)
  • なるべくお任せにしたい、
    質問に回答する程度だけで進めたい
  • 完成責任を負う請負契約

月額制開発チームレンタル MOFMOF
DEVELOPMENT

  • 開発中であれ、いつでも仕様変更が可能。
    月額固定なので、交渉分コストなどの「無駄」が発生しない
  • 仕様がブレても月額固定で対応できるため、バッファ分を含まず、必要以上費用がかからない
  • ○新規立ち上げなど、最初に仕様を決めることが難しいもの
    ○長期的にユーザー反応を見ながら開発を繰り返す必要があるもの
  • 役務提供に責任を負う準委任契約

アジャイル
開発フロー PROCESS

計画

PLAN

初回リリースまで

必要な分の計画をする

POINT!

扱う範囲を絞ることで、短時間で比較的高い精度の計画が可能

開発

DEVELOPMENT

より良いプロダクト作り

のための開発ができる

POINT!

開発中に判明した想定違いや改善点も即座に対応可能

内部 リリース

INTERNAL RELEASE

想定通りか実際に

動かしてテストする

POINT!

頻繁にプロダクトのチェックが行えるので、こまめな軌道修正ができる

一般 リリース

GENERAL RELEASE

エンドユーザーにも

実際に触ってもらう

POINT!

生の声や統計データを参考に、機能の取捨選択や計画の見直しを行うことができる

運用

OPERATION

プロダクトを

成長させていく

POINT!

これらのステップを繰り返し、短期間でブラッシュアップを行っていく

『サイクルを繰り返して開発を進め、全体の完成度を高めていきます』

client image

エン婚活エージェント 間宮 亮太さま

アジャイル開発でなかったら、失敗していたと思います。

そもそも世の中に需要があるのかすらわからないプロダクトだったので、はじめからガッチリ仕様を固めて作るのは不可能でした。実際、作りながら、色々な方向に行ったりしましたね。だから後から柔軟な変更が可能なアジャイル開発でなかったら、失敗していたと思います。

MERIT 新規事業開発に最も適した
月額制開発チームレンタル

月額制開発チームレンタルの特徴は「対話」「合意」「確認」というプロセスを重視している点です。
新規に立ち上げるサービスなど、最初に仕様を全て決めることが難しいものや、
長期的にユーザー反応を見ながら開発を繰り返す必要があるケースに非常に適しています。

一から開発チームを構築し、うまく機能するまでに成長させることは非常にこんなんですが、そんな手間も必要なく、
しかも、自社で雇用しているような感覚でシームレスに開発プロジェクトを進めていけるのが「開発チームレンタル」です。

organize image
✖︎

WORRIES ”新規事業でよくある悩み”

  • アイデアと顧客は持っているけど、
    開発リソースがない(足りない)
  • 社内で開発リソースを
    抱えてしまうことのリスクが大きい
  • 「決まったもの」を作るだけの
    開発会社しかなく、外注しづらい

MERIT ”月額制開発チームレンタルのメリット”

  • ベテランエンジニアが確保できるので、
    立ち上がりが早い
  • 社内で雇用・教育するコストがかからない
  • 最初に全てを決める必要がないため、
    ビジネスに合わせていつでも仕様変更ができる上に、
    早い段階で実際に動くものが確認することが可能

WORKS 開発実績

  • FLEXSHION
    開発知識ゼロでも思い描いたサービスを作ることができる
    パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 佐々木 純さま・宮内 裕多さま
  • famion
    「より良いサービスを作っていこう」という明確な目的意識を持って開発してくれた
    エン婚活エージェント株式会社 間宮 亮太さま
  • flatea
    契約前に検知できない課題にも一緒に向き合ってもらえました
    SBイノベンチャー株式会社 川村 大さま
  • コレシェア
    一緒に仕様を考えてくれたり、気づかなかった仕様の穴を指摘してくれた
    株式会社N-Village 林田 敦さま
  • m4ware 請求書管理システム
    社外CTOのような位置づけで、自社内に一つ開発チームを持つような感覚だった
    株式会社メディア4u 奥岡 征彦さま
  • コールセンターにおける架電業務の完全自動化技術の開発など
    エンジニア主導で、開発プロジェクトにスピード感を
    株式会社ジーエルシー 金子 裕輔さま
  • COMY
    ウォーターフォール型ではなく、新規事業にマッチするアジャイル型の開発スタイルで進められる
    SBイノベンチャー株式会社 清水 就平さま
  • ABEJA Insight for Retail
    期待どおりの爆速開発。チーム全体でゴールを共有できる体制が素晴らしい
    株式会社ABEJA CTO 緒方 貴紀 さま
  • YONDEMILL
    自分のプロダクトを作るための開発チームがしっかりと育成できる
    株式会社フライングライン 鐘ヶ江さま

DEVELOPMENT PROCESS 開発プロセス

開発開始前 BEFORE

1. 実現したいサービスの確認(インセプションデッキ)

2. ユーザーストーリー( ≒ 機能)の洗い出し

3. ユーザーストーリーの見積もり
   (各ユーザーストーリーに要する想定工数を試算)

4. 優先順位の決定(どのストーリーから実装するかを決める)


別途 「開発チームレンタルトライアル アジャイル見積もりプラン」をご提供しています。
詳細はお問い合わせください。

開発開始後 AFTER

●週に1度スプリントレビューミーティングを実施し下記の事項を行う。

1. スプリントで実装した内容のデモ(稼働テスト)とフィードバック

2. 各メンバーが挙げる疑問点などの討議・情報提供

3. 新たなユーザーストーリーの作成、見積もり、優先順位の決定

●不定期でインセプションデッキの確認や振り返りミーティングを実施する

採用テクノロジー TECHNOLOGY
ご依頼の流れ REQUEST FLOW

FAQ よくあるご質問

開発プロジェクトについて DEVELOPMENT PROJECT

基本的にはRubyおよびRuby on Railsがメインとなります。必要に応じて他の技術を用いた対応が可能な場合もありますので、お問い合わせください。

ソースコード管理: GitHub
インフラ: Heroku / AWS / GCP等、要件に応じたクラウドサービスで対応
タスク管理: Pivotal Tracker
コミュニケーション: Slack(その他サービスも対応可能です)

詳しくはご依頼の流れをご覧ください。サービスにもよりますが、ご契約からリリースまでの期間は約3ヶ月が目安です。

開発の進捗についてはPivotal Trackerというツールを活用し、「現在、どの機能が開発済みなのか」「今はどの機能を開発中なのか」「その後に開発する予定の機能はどれなのか」などを可視化いたします。そのうち、開発が完了しているものについてはクローズドなリリースを行い、ブラウザ等から確認ができるようにいたします。プロジェクト発足直後や、このようなタスクに不慣れな場合は弊社エンジニアがサポートいたしますのでご安心ください。

基本的には週1回1時間ほどの定例ミーティングを行っております。弊社までお越しいただくか、web会議ツールを用いたオンラインミーティングが可能です。また、常にチャットツールでのコミュニケーションが可能となっておりますので、迅速に疑問点の解決や要望への対応をいたします。

お客様より1名、プロダクトについての判断をするPO(プロダクトオーナー)という役割の方に参加していただきます。開発チームは、必ず2人以上のエンジニアが参加いたします。場合によってはプロジェクトのマネジメントを行うメンバーが参加することもあります。
ミニマムのチーム体制では、開発担当のエンジニアとコードレビュー担当のエンジニアの2名が参加いたします。詳しくはお問い合わせください。

費用について PRICE

サービス次第になりますが、新規立ち上げであれば、3ヶ月で開発できる範囲のサービスをリリースすることをおすすめしております。詳しくはこちらをご覧ください。

月額制でシステム開発サービスを提供しておりますため、契約期間に応じた費用が発生致します。具体的な金額については、実際にどのようなシステムを開発したいかによって変わりますので、お問い合わせください。

サーバやデータベースなどのインフラ費用が発生致します。設置型ではなくクラウド型のインフラサービスを利用するため、最小限の構成からはじめた場合でも、サービスの利用状況に合わせてインフラ性能を比較的少ない工数で増強することが出来ます。プロジェクト初期は、数千円/月のコストで開発やリリースを行うことが可能です。

担当業務について WORK IN CHARGE

ネイティブアプリ、クロスプラットフォーム(React Native等)も可能です。

簡単なアドバイスは行っておりますが、面接代行や履歴書スクリーニングなど具体的な作業が発生する場合は承っておりません。エンジニアの採用が決まった際の、開発内容に関する引継ぎは行っております。

基本的には可能です。ただし、弊社外のエンジニアとチームとの相性や担当領域を考慮した上で、別チームでの開発を推奨する場合もございます。

その他 OTHER

「どのようなものを作りたいのか」ということが明確になっていれば大丈夫です。弊社からお客様にお願いすることは、主に仕様出しと機能が出来上がった際のチェックです。仕様出しについては、専門用語が分らない場合でも具体的な仕様のイメージをお伝えいただければ問題ありません。機能のチェックについては、実際にブラウザなどを使って想定どおりに動くかどうかを確認していただく簡単な作業となります。

飲食店予約サービスやクローズドなSNS、電子書籍出版プラットフォーム、HRテックサービス、音楽や服飾特化のマッチングサービスなどがございます。詳しくは開発実績及びクライアントインタビューをご覧ください。

常駐は行っておりません。基本的にコミュニケーションはSlackなどを使ったクラウド上でのやりとりになります。エンジニアは基本的に営業時間内では常にPCの前におりますのでSlackなどでご連絡を頂いた際は迅速に応対可能です。また、通話の方が適した議題の場合はZoomやHangout等のweb会議ツールを用いることも可能です。

お困りごとをお聞かせください

ご回答

ありがとうございます

よろしければ詳しくお聞かせください