SERVICE

サービス

新規事業では、ビジネスアイデアに合わせてソフトウェア設計の見直しを重ね、柔軟に進化させていくことが重要です。次々に出てくる「こうしたい」を一緒に形にしてくれる開発チームは、ビジネスの強い味方となります。
mofmofの「開発チームレンタル」のサービスは、従来の受託開発のように始めから終わりまで一続きに開発を進めるやり方ではなく、実際にソフトウェアを動かしながら、仕様変更を繰り返していく作り方を提供しています。

高速に最小限のアプリケーション(MVP)を作り、検証しながら開発を繰り返す中で、「本当に欲しかったもの」を見つけていくことができます。

FEATURE 月額制開発チームレンタルの特徴

月額制開発チームレンタルの特徴は「対話」「合意」「確認」を重視する開発手法です。これにより顧客は望む成果物を手に入れることが可能になります。 お金を払っている以上、望むプロダクトが手に入るのが当たり前だと感じる方も多いかもしれませんが、多くのソフトウェア開発の現場では、依頼したものと完成物が異なるということや、修正を依頼したら莫大な金額を請求されるということが起きています。


これら諸問題の原因は、開発開始前に一括見積もりで全て決めてしまおうとすることに起因します。ソフトウェア開発は、多くの曖昧性や不確実性を含むという点で、製造業とは明確に異なっており、本来、計画の時点で正確な見積もりを算出することは不可能とされております。


月額制開発チームレンタルでは、計画には曖昧性や不確実性が含まれているという前提で、「まずは短い期限の中で開発し、できたものに対してフィードバックを得る」というサイクルを繰り返します。そうすることで、一見、当たり前だけども、実は実現するのが難しい「顧客が望むものを提供する」という観点においても、高い品質を維持しています。

違い
従来の受託開発

GENERAL
DEVELOPMENT

月額制開発チームレンタル

MOFMOF
DEVELOPMENT

仕様変更

柔軟に仕様変更しづらく、仕様変更をする必要がある際、都度再設計・再見積もりが必要になるため、交渉分コストが余計にかかる
開発中であれ、いつでも仕様変更が可能。月額固定なので、交渉分コストなどの「無駄」が発生しない

費用

後から仕様がブレた際には、修正工数を含むと、当初予定していた費用の2~3倍くらいになってしまう
仕様がブレても月額固定で対応できるため、バッファ分を含まず、必要以上費用がかからない

向いている
プロジェクト

○ 既存プロダクト完全リプレース
○ ライフサイクルが短いもの
(キャンペーンサイトのように1〜2ヶ月くらいの短期間でクローズするものなど)
○ 新規立ち上げなど、最初に仕様を決めることが難しいもの
○ 長期的にユーザー反応を見ながら開発を繰り返す必要があるもの

こんな方に
オススメ

なるべくお任せにしたい、質問に回答する程度だけで進めたい
動くものを確認しながら最適な形を模索したいす必要があるもの

契約形態

完成責任を負う請負契約
役務提供に責任を負う準委任契約

開発フロー

MERIT 月額制開発チームレンタルのメリット

高速でリリースができるため、
新規事業に向いている

一般的な一括請負型のシステム開発会社に発注する場合、従来のやり方だと「要件定義」、「設計・開発」そして「検証」という全てのフェーズを終えるまでに数ヶ月から数年を要する上、プロジェクト終盤になるまで動くソフトウェアを確認することができません。
一方、mofmofの月額制開発チームレンタルでは、1〜2週間サイクルで設計・開発を繰り返してソフトウェアを改善していくプロセスをとっているため、1サイクルごとに、実際のソフトウェアの動きを確認しながら進めることができます。仕様変更もしやすいので、「プロジェクト開始時に全ての仕様が決まっていない」、「仕様変更がたびたび発生する」といったことが起こりがちな新規事業におすすめです。

開発チームの進捗を可視化

月額制開発チームレンタルのその他の魅力として、「開発進捗・プロセスが見える」という点が挙げられます。
一般的な受託開発とは異なり、発注者(プロダクトオーナー)はどのような機能が欲しいかを表現し、それを元にエンジニアとの対話を通して、どういう理由でどのくらいの工数がかかるかを一つずつ見積もるというプロセスを経るため、希望や意見が実際にソフトウェアに反映されるまで、どのように進んでいるのかを見ることができます。
「バックログ」という形式で仕様が管理され、開発チームが「今何をしているのか」、「あとどれくらいかかりそうなのか」ということが常に可視化されるので、ビジネスに合わせて柔軟な意思決定を行うことができます。

1人ではなく開発チームで対応するため安心

月額制開発チームレンタルでは、開発担当エンジニアとコードレビュー担当者がそれぞれの分野で力を発揮し、システム開発を担当します。チームで開発することにより、個人の癖などの影響を回避し、より保守性が高く、品質の良いソフトウェアを構築することができます。
またチームで解決できない技術的課題は、mofmof inc.全体で相談できる場を設けており、mofmof inc.としてのノウハウの中からも解決への糸口を見つけることができます。そのため1人のエンジニアで開発担当するよりもリスクを圧倒的に小さくし、ソフトウェア及びビジネスの成功の可能性を上げることができます。

新規事業開発に最も適した月額制開発チームレンタル

月額制開発チームレンタルの特徴は「対話」「合意」「確認」というプロセスを重視している点です。
新規に立ち上げるサービスなど、最初に仕様を全て決めることが難しいものや、長期的にユーザー反応を見ながら開発を繰り返す必要があるケースに非常に適しています。
一から開発チームを構築し、うまく機能するまで成長させることは非常に困難ですが、そんな手間も必要なく、しかも、自社で雇用しているような感覚でシームレスに開発プロジェクトを進めていけるのが「開発チームレンタル」です。

新規事業でよくある悩み

  • アイデアと顧客は持っているけど、開発リソースがない(足りない)
  • 社内で開発リソースを抱えてしまうことのリスクが大きい
  • 周りに、「決まったもの」を作るだけの開発会社しかなく、外注しづらい

月額制開発チームレンタルの特徴

  • ベテランエンジニアが確保できるので、立ち上がりが早い
  • 社内で雇用・教育するコストがかからない
  • 最初に全てを決める必要がないため、ビジネスに合わせていつでも仕様変更ができる上に、早い段階で実際に動くものが確認することが可能

DEVELOPMENT PROCESS 開発プロセス

開発開始前

  1. 実現したいサービスの確認(インセプションデッキ
  2. ユーザーストーリー(≒機能)の洗い出し
  3. ユーザーストーリーの見積もり(各ユーザーストーリーに要する想定工数を試算)
  4. 優先順位の決定(どのストーリーから実装するかを決める)

開発開始後

● 週に1度スプリントレビューミーティングを実施し下記の事項を行う。
  1. スプリントで実装した内容のデモ(稼働テスト)とフィードバック
  2. 各メンバーが挙げる疑問点などの討議・情報共有
  3. 新たなユーザーストーリーの作成、見積もり、優先順位の決定
● 不定期でインセプションデッキの確認や振り返りミーティングを実施する
採用テクノロジ