mofmofは何をしたいのか

技術が目的、ビジネスは手段

mofmof inc.という組織が取り組み続けたいことは、新しいテクノロジーを使って今までにない製品を作り、ユーザーにその価値を届けることです。

ぼく(代表・原田)自身、起業という道を選択したのは、何らかの想いがあり、実現したい未来があるからこそであるはず。それを言語化出来たらどんな言葉になるのか長い間考えていました。正確に言えば今も考え続けている最中でもあります。

意外と自分の心にある想いを表出させて言語化することは難しかったりしますが、こう思考してみることにしました。

「今1兆円くらい個人の資産があって一生働く必要もないとしたら何をするだろうか」

次の新規事業の製品のプロトタイプを開発している自分が想像出来ました。

世界を変えたいとか、ビックになりたいとか、誰かが抱えている深刻な問題を解決したい、というのはとても素敵なビジョンだと思っています。

だけど、ぼくにとっての原始的な欲求は「作る」ことでした。新しいテクノロジーを使って、他の誰もやっていないようなユニークな製品を作り、ぼく達の力で使う人をハッピーにする体験こそが原点であり、それに取り組み続けている組織ってめっちゃカッコいい、そう考えています。

ここにおもしろい技術がある。だからこの技術を使って、おもしろい事業を作りたい。ただシンプルにそれを追求したいです。

これをmofmof inc.のミッション「新しいテクノロジーを使って新しい価値を創造し、より一般的なものにする」という言葉で表現しました。

テクノロジーアウトで事業を作る

mofmof inc.では事業を作るときに、まず一番最初に「どんな技術を使いたいか」を考えます。

新製品を作る際、作り手が良いと思った製品を作って、それから売ることを「プロダクトアウト」と言い、マーケット、つまり顧客視点で市場が求めているものを作って売ることを「マーケットイン」と言われています。

昔は良いものを作りさえすれば売れるという時代があり、その時代ではプロダクトアウトの考え方が一般的でした。ところが時代が移り変わり、ものがあふれる時代になってからは、そのアプローチではものが売れなくなり、現在ではマーケットインのアプローチの方が主流になっています。

mofmof inc.では、それをあえてテクノロジーアウトのアプローチで事業を作っていきます。まず使いたい技術を選択し、その技術で実現出来そうなプロダクト候補を検討します。

そして次にそれらのプロダクト候補それぞれとマーケットを照らし合わせ、顧客ニーズを検証し、ニーズのあるプロダクトが発見出来てから本格的に開発着手します。テクノロジー・マーケット・プロダクトという流れで進めていきます。

「技術が目的で、ビジネスが手段」という言葉で表されている通り、技術を中心として事業が展開されていくのがmofmof inc.の文化です。

公園

mofmofがやること・やらないこと

やること

機械学習・人工知能

この領域にはまだまだ技術の進化の余地が大きく、今まで出来なかったようなことが出来るようになるポテンシャルが非常に高いと考えています。「新しいテクノロジー」に対応する魅力的な技術であるため積極的に取り組みます。

受託開発

外部資本に頼らない自己資金での経営をしていうことで「技術が目的、ビジネスは手段」という信念を曲げずにいることが出来ます。ぼく達がチャレンジし続けるための資金源でもあり、かつ技術を行使することで価値提供出来るビジネスとして受託開発は続けます。

新規事業

受託開発ではリスクの高い技術を選択することが比較的難しくなります。「新しいテクノロジー」で勝負するための受け皿は自社新規事業が相応しいため、今後はもっと新規事業の比率を増やしていきたいと思っています。

やらないこと

ものづくりと関係のないビジネス

「新しいテクノロジー」「作る」という原点からはずれ過ぎているため。仮に儲かると分かっていてもやらない。例えば人材紹介のみで収益を上げるビジネスとか(そういうビジネスを否定する意図はありません)。

根性論ありきの仕事の仕方

人生には根性が必要なタイミングはありますが、容易な根性論持ち出しは思考停止につながります。あくまでも課題には実行可能なアクションというアプローチをとる仕事の仕方をします。

身の丈に合わない急成長・急拡大

mofmof inc.の存在意義や目的は、早くたくさんお金を稼ぐことではないため、急成長・急拡大しなければならない理由はありません。ただし、もっとチャレンジングでエキサイティングなものづくりをするために必要ならこの限りではないです。

枯れた技術で無難に稼ぎ続ける

どのあたりから「枯れた技術」とするかは難しいですが、チャレンジのないものづくりを続けることは組織の目的から離れてしまします。どんな技術で稼ぐかは、技術の進化とともに変化し続けたい。

技術だけにしがみつく

行使した技術で利益を生み出し続けなければ、ぼく達は存続することが出来ません。新しいテクノロジーに取り組むのと同時に、新しい価値を生み出して収益を得る必要があります。技術と価値提供は常にセットであることを忘れないこと。

メンバーからコメント

エンジニア 橘 周世

技術が目的でも、ちゃんと価値を届けることを忘れない

自社事業のチャットボット「My-ope office」を担当しています。自然言語処理や機械学習などワクワクする技術を扱っているのですが、ただやみくもに新しい技術を選んでいるわけではなく、ちゃんとユーザーにとっての価値につながるものを選択しているので、ユーザーを大切にした作り方を実践出来ていると思います!


mofmofでは共に働く仲間を募集しています