完成品ではなくMVPを作る

MVPとは

MVPとはMinimum Viable Prodcutの略です。書籍「リーン・スタートアップ」では「実用最小限の製品」と略されている言葉で、その製品の価値を実現する最も小さい形の製品という風に考えることが出来ます。

従来は、新規事業で製品を作ろうとした場合、まずは企画書・プロトタイプを作って社内でフィードバックサイクルを回し、OK/NG判断の上、OKなら実際に販売出来るちゃんとした製品を作り市場に投下する、という流れが一般的でした。

対してMVPは、ごくごく小さい、単純な機能しかない製品を作り、実際に売りたい顧客に使ってもらい、インタビューからフィードバックを得るというサイクルを高速に繰り返すことが特徴です。

この手法は「学習すること」に重点が置かれているため、それさえ達成出来るのであれば、そもそも製品を作らないMVPも存在します。

書籍にも紹介されていますが、Dropboxでは実現した価値を表現したデモ動画を公開し、見込み顧客の反応をもって学習するというやり方をとりました。グルーポンの例では、新たにソフトウェアを開発することをせず、既存のブログサービスを使ってクーポン発行を手動で運用していました。

なぜMVPを作るのか?

ITの世界では、物理的な場所や建物を必要としない分、既に新しいWEBサービスやモバイルアプリは溢れかえっています。仮に思いつきで新しい事業を企画し、製品を市場に投下したとしても、それがうまくいくことはほとんどありません。

そんな圧倒的に競争が激しい世界の中でスタートアップのような資金も人的リソースもないような小さい会社がどうやって戦うべきか。そこでMVPやリーンスタートアップという考え方が注目されています。

リーンスタートアップでは、最も高速に、最も低コストで、考えている製品には本当買い手がいて、本当に売れるものなのかを確かめることが出来ます。そのためにMVPという「実用最小限の製品」が必要なのです。

従来のITベンダーの作り方は、完成品を作ることをゴールにしているため、顧客にとって本当に必要であるかどうかや、誰がなぜどのように使うか、ということよりも、最初決められた通りに全て作り込むということを重視する作り方をします。

そしてそのゴールを目指したビジネスモデルで成り立っているため、小さく作り、顧客の反応をみて、再び小さく作ることを繰り返すようなプロセスに適合していません。今ソフトウェアを新規に作るのであれば、そういった従来のやり方に囚われず、MVPのように製品の本質を見極めて、本当に価値のあるものを作ることがなにより重要だと考えています。

mofmof inc.でのMVP開発

mofmof inc.では従来のように、要件定義・基本設計・詳細設計・製造・検証というようなフェーズ分けをして完成品を作るような計画作りをしておりません。新規事業において顧客にとって本当に価値のある機能を、最初に全て設計することは不可能だからです。

最初に考えつくような機能は全て仮説のものでしかありません。仮説でしかない機能を完成させよう努力することは、貴重な時間とお金を大きくロスする結果につながってしまいます。

mofmof inc.では開発開始したらまずはMVPの実現を最初のゴールとして設定します。どんなに壮大な事業計画であっても、原則的に開発着手から3ヶ月以内にサービスインする目標を立てます。そして、実際のユーザーの反応をみることで、次にどんな機能を優先的に開発するか見極めて、少しずつ開発を繰り返すというやり方をとります。

ソフトウェアが多機能であるからと言って、価値のあるソフトウェアとは言えません。強い課題を持つ顧客が存在し、それを解決出来る機能を有していることが、本当の価値のあるソフトウェアです。mofmof inc.の月額制開発チームレンタルでは、それを見つけるために検証・開発を繰り返す作り方が実現出来ます。