非エンジニアでも3分でわかる開発用語 ②アジャイル開発とは?

B!

アジャイル開発とはいったい・・・?

こんにちは。mofmofで数少ない非エンジニアの1人、広報周りを担当しています高梨です。
突然ですがシステム開発って、カタカナや専門用語が多くてちょっと引けてしまうこと、ありませんか?

  • 新規事業のアイディアがあって相談してみたいけど、開発用語が全然わからないからうまく話せるか心配…
  • 専門用語をわかった上で、開発に関する相談をしたいけど、カタカナが多くて辛い…

    そんな方におすすめしたい「非エンジニアでも3分でわかる開発用語」第2弾は、アジャイル開発について3分で概要を非エンジニアらしくまとめていきます。

アジャイル開発を一言で表すと?

開発工程を小さいサイクルにして短期間で繰り返すことで、素早く・柔軟に開発できる開発手法

アジャイル開発の特徴

アジャイル開発

①必要なものを必要な分だけ作るからスピード感がある!

アジャイル開発は2000年代に誕生し、現在ではメジャーな開発手法として定着しています。
日本語で「素早い」という意味を持ち、小さいサイクルを短期間で繰り返すことで素早く開発できることから、スピード感に強みのある開発手法です。

②小さく見直せるから変更に強い!

また、従来型であるウォーターフォール型(要件定義〜リリースまで全工程を細かく設計し、上から順番に実行していく)開発では、工程の変更や後戻りを想定していない手法のため、途中でミスに気づいたりニーズが違うから仕様を変更したいという場合は、設計を全て見直さなければならず、多額のコストが発生していました。

一方、開発工程(要件定義〜テストまで)を機能単位で小さく繰り返すアジャイル開発は、ちょっとしたエラーも潰しながら開発をすることができ、ユーザーからの要望に応じたアップデートも行いやすく、仕様変更に対して強いことも強みとなっています。

アジャイル開発に向いているプロジェクトと不向きなプロジェクトは?

post it

向いているプロジェクト

初めから全体像がはっきりしていない新規事業開発や、市場のニーズに合わせて仕様変更する可能性の高いプロジェクトは、小さく早く作り、成長させていくことが特徴のアジャイル開発と相性がいいとされています。
また、ユーザーニーズをしっかり取り入れた開発を目指すプロジェクトにおいても、各段階でユーザーからの声を反映することが容易であることから、アジャイル開発は効果的です。

  • 要件の全体像がはっきりしていないプロジェクト
  • 開発途中で仕様変更がすでに想定されているプロジェクト
  • ユーザーファーストで進めるプロジェクト
  • スピード重視で市場へ展開したいプロジェクト

不向きなプロジェクト

すでに作るべき機能が明確で、変更が発生しないとわかっている場合は、アジャイル開発よりもウォーターフォール型を利用した方が効率の良い開発が可能です。
また、アジャイル開発では仕様変更をしながら開発を進めることができる一方で、納期がしっかり決まっていたり、納品段階で実装されるべき機能が動かせないプロジェクトで仕様変更が発生する場合、どうしても期間ないし機能に対して妥協点を見出さなければならなくなり、不向きと言えます。

  • 作るべき機能が明確で要件変更が発生しないプロジェクト
  • 納期がきっちり決まっているプロジェクト
  • 納品時に実装されるべき機能が動かせないプロジェクト
  • 完成を必須とする長期間のプロジェクト

mofmofのアジャイル開発の特徴は?

mofmofの月額制受託開発「開発チームレンタル」では、プロジェクト発足からおよそ2週間〜1ヶ月程度で動くプロダクトをお見せしています。また、MVPの開発まではおおよそ3ヶ月程を見込みます。

新規事業開発では、「市場へ出すスピード感」も大事な要素となることから開発スピードの速さも重要な要素の一つですが、開発チームレンタルでは「速さ」だけにこだわるのではなく、本当に顧客が求めているプロダクトを実現するために、仮説だけで全てを作り込むことをせずに、小さく・素早く開発し、検証・成長させていきます。

詳細はこちらをどうぞ!

以上、3分でわかる開発用語「アジャイル開発」編でした!

補足:
mofmofで実際に開発した、アジャイル開発の成功事例はこちらからご覧いただけます。

アジャイル開発が新規事業開発に向いている理由は以下の記事をぜひご覧ください!
一瞬でわかる!アジャイル開発が新規事業の立ち上げに向いている理由

お困りごとをお聞かせください

ご回答

ありがとうございます

よろしければ詳しくお聞かせください